厚生労働省

2/2ページ

子宮頸がんワクチン定期接種について厚生労働省が推奨中止を発表

以前にもお伝えした子宮頸がんワクチン接種による副作用。 その副作用により、定期接種の推奨を中止する事を厚生労働省が発表しました。 あくまでも推奨中止ですので、定期接種自体は継続され、無料で受けることが […]

2012年の出生率が僅かに改善も出生数は最小、出産年齢も過去最高

気になる2012年の出生率が厚生労働省の資料によって分かった様ですね。 2012年の出生率は1.41で前年よりも0.02ポイント増しとなり、平成8年以来となる1.4以上と僅かに改善したようです。 産め […]

子宮頸がんワクチン接種後に副作用1196件、厚生労働省が発表

4月から始まった定期接種の子宮頸がんワクチンですが、接種後に副作用の症状が出た例が1196件もあったことを厚生労働省が発表しました。 4月からではなく、ワクチン販売から現在まで1196件となっており、 […]

香川県で小学生対象の糖尿病検査を実施、血液検査は全国初、うどんの食べ過ぎ

小学生にも糖尿病検査 「うどん県」香川が実施  香川県の全17市町が本年度、全ての公立小で小学4年生もしくは5年生の児童を対象に糖尿病を見つける血液検査を実施することが10日、県や各市町への取材で分か […]

認可保育所の規制緩和で民間企業の参入促し待機児童0人を目指す厚生労働省

都市部での待機児童増加の原因となっている認可保育所の数の少なさ。 厚生労働省は、この認可保育所設立へ民間企業が参入しやすい様な規制緩和を要請するそうです。 これまで認可保育所の申請受理に関しては、自治 […]

不妊治療の公的助成金の年齢制限や保険解禁を厚労省と金融庁が検討

不妊治療助成「39歳まで」有識者会議で検討へ  不妊治療への公費助成について、厚生労働省は、対象年齢に上限を定めることを含めた制度改正の検討を始める。  同省研究班(代表者=吉村泰典・慶大教授)が、4 […]

18歳未満の子供への抗鬱薬投与が有効性確認できず慎重に検討

世界中で社会問題となっている鬱病ですが、18歳未満の子供への効果があまりない事から、投与へは慎重に検討するよう厚生労働省が通達しています。 中年の社会人が良く取り沙汰されますが、最近では若者や子供も鬱 […]

改正予防接種法が成立し、子宮頸がん・小児用肺炎球菌・インフルエンザ菌b型(ヒブ)ワクチンが来月から定期接種となります

改正予防接種法が成立し、それによって3つのワクチンを定期接種の対象となる事が決定しました。 ワクチン定期接種の対象となるのは、子宮頸がん・小児用肺炎球菌・インフルエンザ菌b型(ヒブ)ワクチンとなります […]

ネット通販個人輸入の妊娠中絶薬に注意、ミフェプリストンと言う有効成分は国内未承認

国内未承認の妊娠中絶薬 個人輸入に注意 国内では承認されていない妊娠中絶薬を、インターネットの通信販売で個人輸入しようとするケースが後を絶たないため、国民生活センターは、健康被害のおそれがあり、安易に […]