千葉大が授業料値上げ、これからは偏差値ではなく学費で振り落とす時代へ

千葉大授業料値上げ 年間10万7160円 「全員留学」財源に

千葉大学は7日、2020年4月以降に入学する学部生の年間授業料を10万7160円値上げし、64万2960円にすると発表した。大学院の修士、博士課程も値上げし、20年度は3億9000万円の収入増を見込む。文部科学省によると、国立の総合大学で学部の授業料を値上げするのは初めて。

https://www.yomiuri.co.jp/local/chiba/news/20190607-OYTNT50202/

千葉大が来年度から授業料を値上げする事を発表しています。

授業料の値上げ理由は、先に発表していた全員留学の財源を確保する為となっており、10万7160円の値上げ額。既に在籍している学生の授業料は据え置き。

国立大学には53万5800円の標準額がありますが、文科省によると標準額を上回る値上げは国立総合大学では初めての事だそうです。

医大や医学部の学費の値下げとは逆に、近年、私立大学だけでなく国公立大学も学費の値上げを実施している大学が多くなっています。

学費が高い大学ランキング、世界は広かった・・・

以前、世界で最も授業料が高い大学ランキングありましたが、海外は私大も高いし国立も高いですよね。

あまりにも学費が高額であるため、前回投稿の様なその大学へいく価値があるかどうかの判断材料で学生ローンが多くなってしまっているのです。

その大学へ行く価値を測る方法

なぜ、そんなに学費が高いのか?理由を調べてもハッキリしませんでした。しかし、妙に納得してしまったコメントを発見しました。

米国は大学の学費を高額にする事で受験生を振り落としている。
こんなコメントが幾つかあり、なるほど納得してしまいました。

安くして学生を集めるのではなく、高くして大学ブランドを高める方法。学費が高い大学へ行くには学力を高くして奨学金を利用するしかないと言う方法。

日本でも大学進学が当たり前と言えるほどに大学・短大進学率が高くなっており、このまま行くと米国の様になってしまうかも知れませんね。