偏差値で大学を選ぶと意外と失敗するので受験難易度で考えた方が合格しやすい

大学選びで重視するポイントとして偏差値を基準に大学選びをする受験生が多いです。

偏差値によって自分の学力を知る事は何も悪い事ではありませんが、偏差値基準で大学選びをすると意外と受験で失敗します。

多くの学生は模擬テストで自分の偏差値を知ると思いますが、その『模擬テスト』の『偏差値』であって一緒に記載されている合格判定も殆ど役立ちません。

全国一斉模擬テストの様な大規模な模擬テストでも、その模擬テストの偏差値であって、殆ど役に立ちません。

重要なのは大学ごとの入学試験問題の難易度です。
私大はもちろん、国公立大でもセンター・共通一次を通過しても、二次試験と併せて合否判定する大学が殆どです。

いくら模擬試験で偏差値が低くても、入試問題の難易度と相性によって全く異なり、結果として合格しやすい事も当然あるのです。

学習塾が過去問題の傾向と入試問題の対策に力を入れているのは偏差値ではなく難易度を重視しているからです。

例えば有名な学習アプリであるスタディサプリやZ会Asteriaにも志望大学別の講座があります。

【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服

【Asteria】Z会のオンライン学習

要は、入りたい大学があるのに偏差値が足らないから受験しないというのはもったいないと言う事です。

入りたい!と思えるような大学を見つける事自体が受験よりも難しいのに、偏差値で選んでいる様では大学無償化も全く意味がないのです。

入りたいと思う大学を探し、その大学に入る為に勉強をすると学力も向上しますので、学生生活も忙しいと思いますがネットの情報だけでなくオープンキャンパスなど実際に訪れてみる事もおすすめします。