踏み間違い防止装置の義務化で煽り運転もなくなるかも

高齢者のブレーキ踏み間違いによって自動車事故が多発しています。

小さい子供も巻き込み凄惨な事故が連続して発生してしまい、他人事では済ませられないと考える方も多くなってきています。

少し前は煽り運転が問題となり、対策としてドライブレコーダー搭載の義務化が検討され始めました。

ドライブレコーダーは前と後ろどっちに付けたら良いの?

そして今度はブレーキ踏み間違い防止装置の搭載義務化が議論されています。

ブレーキ踏み間違い防止装置?そんな装置があるならサッサと付けて欲しいところです。

ブレーキ踏み間違い防止装置には様々なタイプがあるようで、購入時にオプションで付けるタイプ以外にドライブレコーダーと同じく後付けで装着出来る防止装置もありました。

特にトヨタは例の事故後から踏み間違い防止装置となる『踏み間違い加速抑制システム』の対象車種を拡大しており、ディーラーやカー用品店で後付け出来る様です。

カー用品店大手のオートバックスセブンでは、『ペダルの見張り番』という防止装置の売れ行きが急激に上がっているそうです。ペダルの見張り番はオートバックスセブンでしか販売していないとか・・・

ペダルの見張り番の取付工賃コミコミセットの価格は3万2399円となっています。

東京都は踏み間違い防止装置購入費の一部を補助すると発表していますし、高齢者ドライバーに限らず付けた方が何かと良いかも知れません。

急なアクセル踏み込みが出来ない訳ですから煽り運転も出来ないでしょうし、これはドライブレコーダーよりも先に義務化した方が良い結果になりそうです。