改正国立大学法人法が成立、名古屋大と岐阜大を統合して東海国立大学機構へ、静岡大と浜松医科大、小樽商科大と帯広畜産大と北見工業大、奈良教育大と奈良女子大も統合へ

「1法人複数大学」可能に 国立大運営改革へ、改正法成立

国立大学法人が複数の大学を経営できるようにする改正国立大学法人法が17日午前の参院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立した。1法人複数大学制(アンブレラ方式)を可能にし、人材や施設の有効活用などの経営効率化や研究や教育の質の向上も促す。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44917550X10C19A5EAF000/

改正国立大学法人法が成立し、一つの国立大学法人が複数の大学を運営出来る様になりました。更に、改正学校教育法も成立しデジタル教科書が正式な教科書として認められる様になりました。

2020年4月から名古屋大学と岐阜大学が統合して東海国立大学機構が運営する事になる予定である事も発表されています。

名古屋大と岐阜大の他に、静岡大と浜松医科大、小樽商科大と帯広畜産大と北見工業大、奈良教育大と奈良女子大も統合する予定となっています。

企業の経営統合と殆ど同じ感じで、持株会社みたいにして経営の効率化を図るという事です。

少し前に国公立大ならびに私立大も含めたグループとなる一般社団法人大学等連携推進法人の制度が発表されていましたが、こちらの方も山梨大学と山梨県立大学が一般社団法人大学アライアンスやまなしを設立する事が発表されています。

こちらは経営統合ではなく事業提携の様な形となり、グループに属する大学の単位互換や設備相互利用などを運用する団体を共同出資する様な感じです。

2つとも昨年の中央教育審議会で話し合われた事ですが、2040年を目処にと言っていた割には動きが早いですね。

中教審では、もう一つ挙げられていた議題がありまして、私立大学が経営悪化した場合、学部を他の大学へ譲渡出来る様にするという制度です。

この他にも、国立大学法人に対して随意契約見直しを求めている財務省。

これらの事をまとめると・・・大学運営が相当まずい状況になり始めていると言う考えに行き着いてしまいますね。

大学の2018年問題って何?少子化で大学が潰れる時代へ突入

現在、大学を取り巻く状況は2018年の大学淘汰問題で危惧していた通りの状況になっています。2018年は大学入学人数が減少するスタートにすぎず、本当の淘汰はこれからと言う事ですね。

とは言え統合すると派閥争いが会社よりも凄そうで怖いのですが・・・大丈夫でしょうか。野放しだった大学運営を相互監視する事で抑制する狙いもあるそうですが・・・もちろん上の方の方々・・・