電車内で足を組んだ事でのトラブルを住吉美紀が明かす

元NHKの住吉美紀さんが、電車内でのトラブルを話していました。
住吉美紀さんは電車内で足を組んで座って本を読んでいたら、乗ってきた女性に組んでいた足を蹴られて口論になったそうです。
電車内で足を組むな、蹴ることないの言い合いとなったそうですが、これはどうでしょう。
こういった水の掛け合いは一方の話しだけで判断する事は無理です。
都内の電車内では足を組んで座ったり、足を開いて座ったりすることは、ほかのお客様とのトラブルになりますので・・・と言う趣旨のアナウンスがされています。
関西では特にアナウンスされないのでしょうか。
本当に電車内は酷い有様になっている事が多々ありますが、前回投稿の様に注意した方が逆ギレされて最悪になりますからねぇ・・・これは住吉美紀さんに注意した女性も結構勇気いると思います。
そもそも前述のアナウンスも日本語だけと言うのもおかしな話。
他のアナウンスは英語やら中国語やらに訳す癖に、注意事項だけ日本語のみって・・・なんででしょうかね?
以前は子供関連のマナーが議論されていましたが、最近ではもう子連れに近寄らなくなってしまったのか、あまり無いですね。