大阪市が大学生の悪質客引きの氏名公表へ、就活への影響を考えて気を遣った事が裏目に

悪質客引き 学生も公表 年内にも、大阪市が条例適用へ
大阪市が年内にも、繁華街で悪質な客引き行為を繰り返した成人の大学生の氏名を公表する運用に改める方針を固めたことが分かった。2014年10月に罰則付きで施行された市客引き行為適正化条例に基づく措置。これまで就職活動などへの影響を考慮して公表してこなかったが、アルバイトの学生の客引きは後を絶たず、一掃を目指す市側がしびれを切らした形だ。
https://mainichi.jp/articles/20170924/k00/00m/040/123000c

大阪市が悪質な客引きを行った大学生の氏名を公表する条例を施行する事になりました。
本来なら以前から施行されている条例に基づいて氏名公表出来たのですが、氏名公表する事で就職活動に悪影響を与えるのではないか?との気遣いで大学生は非公表としていました。
しかし、そんな大阪市の気遣いも裏目に働いてしまい、公表されないからやりたい放題になってしまっています。
どうやら、この客引きのアルバイトは他のアルバイトに比べて非常に高額な報酬となっている様で、その高額アルバイトにつられて辞める事が出来ないそうです。
氏名が公表されている大阪市のページは以下の通りです。
大阪市客引き行為等の適正化に関する条例に基づく氏名等の公表状況
http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000267087.html
特に大学生とか社会人とか企業名も出ていませんから、氏名公表されてもやる学生はいそうですね。中には逮捕されても良いと言う大学生まで居るそうですから、逮捕して良いのではないでしょうか。
就職活動するきも就職する気もなさそうです。
月100万円とか稼げるとか書かれていますが、税金とかもどうせ払って無いでしょうから、高額アルバイトも考え物ですね。