論文不正・論文捏造などが多発、急激に増加した日本の研究不正と医療健康まとめサイトの類似点

東大、論文捏造の元教授ら4人を懲戒解雇相当処分に
東京大は3日、論文の捏造(ねつぞう)や改ざんなどの研究不正で既に辞職している分子細胞生物学研究所の加藤茂明・元教授ら4人を懲戒解雇相当、1人を諭旨解雇相当とする処分を発表した。処分は2月17日付。退職金を払った人には返還を求める。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG03HCY_T00C17A3000000/

東京大学で論文の捏造や改ざんなど研究不正が確認されたそうです・・・
東大による論文不正は最近良く聞くのですが、調べてみると1年に1回ペースで発覚している感じ。
東大だけでなく、大阪薬科大学、国立長寿医療研究センター、熊本大学でも論文不正が確認されていますが、東北大学では論文不正の疑惑が出たが確認できなかったそうです。
小保方さんのSTAP細胞で懲りたかと思われたが、全く留まるところを知らない。
日本が世界一の「研究捏造大国」になった根因
http://toyokeizai.net/articles/-/119004
現在、日本は世界一の論文不正・研究捏造大国だそうです。
捏造や改ざんの殆どは医療・健康に関する論文で、最近問題となっている医療・健康メディアと何か関係有るのでしょうか?
研究捏造は倫理規範違反で犯罪ではないそうで、こちらも医療・健康まとめサイトと同じ様な感じです。しかも不正を行う理由も「お金」と似ている。
NHKガッテンでも虚偽の医療・健康情報が確認されており、ガッテンでも大学教授が堂々と効果を述べていましたから、今後は大学教授が監修していたとしても信用出来るかどうか・・・信頼性が著しく低下してしまいました。
では、なぜ医療や健康の分野ばかりで不正が行われるのか?と言う部分も書かれており、数学などロジックが厳密な分野ではバレるが、医学・生命科学ではその時はそうなったと言えばまかり通るからだそう・・・・やっぱり医療・健康まとめメディアと似ている。
健康食品や通販化粧品の類でも、どこどこ大学教授の監修の元・・・と言う記載を良く見ますが、あれもどうなんでしょうか?薬機法で取り締まられた製品にも書かれているが、その教授が逮捕された事は無いですよね。
日本以外の論文不正は盗用が多く、日本の論文不正は捏造そして「間違い」が多いと書かれており、どちらも不正には変わりないが、本物を盗用するより、嘘を捏造する方が一般人視点では悪質な様な気もする。
医療・健康メディアも記事をパクったのと捏造の二通り有りますから、これまた似ている・・・
研究費が国内で最も多い東大ですらこれですから、全く笑えない状況ですね。