2017年度大学入試も相変わらず文高理低、経済・経営・商学など社会科学系の学部が人気

【大学受験2017】文高理低、私大文系で志願者増…河合塾が予測
 河合塾は、2017年度大学入試の直前動向を公表した。大学志願者数は1~2%程度微増、学部系統は「文高理低」の人気傾向があり、特に私立大学の文系学部で志願者増加率が高くなると予測している。
http://resemom.jp/article/2016/12/26/35695.html

リケジョで理系女子が増えた筈が、相変わらず大学入試では文系学部が人気傾向だそうです。
文系と言っても文学部ではなく、経済・経営・商学など社会科学系の学部に人気が集まっています。ゼロ免課程廃止に伴い教育学部も人気が低下していますね。
少子化で心配されている大学志願者数はと言うと、2017年度の18歳人口は2016年度よりも1万人ほど多いので大学志願者数も微増するとされています。
就職難も無くなり、新卒採用も増加していますので、理系に進学して就職を有利に進めたい学生も少なくなってしまったのでしょうか。
河合塾の予測では私大文系が特に人気傾向となっており、Fラン大への進学が増加で無いことを願うばかりですね。