教育機会確保法成立、不登校児の学校外教育拡充

不登校の子どもたちに教育機会を確保の法律成立
不登校の子どもたちの教育の機会を確保するため、子どもたちの相談や勉強の場として自治体が設けている「教育支援センター」の整備を充実させることを盛り込んだ法律が、7日の参議院本会議で、自民党や民進党などの賛成多数で可決され、成立しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161207/k10010798111000.html

不登校児の為に学校外教育の整備を含んだ教育機会確保法案が成立しました。
登校拒否児は私の時代には全く居ませんでしたが、現代社会では増加傾向となっており、小学生よりも中学生が多い調査結果が有ります。
登校拒否児の為に学校外で学ぶ機会を設けるのは良いと思いますが、なぜ登校拒否児になってしまったのか?その原因を無くさない事には増える一方ではないでしょうか?
学校行かなくても大丈夫なんだぁ。と言う考えになってしまいます。その子達が社会人なると今度は会社行かなくても大丈夫なんだぁ・・・とならないか心配になってしまいます。
悪質なイジメがあるから仕方ないかも知れませんが、これでイジメが無くなるとは思えない。
そう言えば橋下さんが言っていた悪質な生徒の隔離話は何処行ったのでしょうか。隔離するのはイジメ被害者ではなくイジメ加害者の様な気がします。