子供の習い事は何が良い?スポーツ・芸術・英語どれを選ぼうか悩む

子供の習い事は何が良いか選び方も各家庭それぞれだと思いますが、悩みますよねぇ。
私も本当に悩みましたが、途中からどうでも良くなり、子供がやりたい!と言った習い事は極力通わせる様にしていました。
当時だとスイミングスクール、ピアノ教室、バレエ教室、体操教室、お絵描き教室、習字などのスポーツや芸術系が主流だった記憶ですが、そこにソロバン塾や公文などの学習塾などが重なる感じでした。
今でもそう対して変わらないと思いますが、上記に加えてプログラミング教室だったり英語教室だったり、幼児教育が沢山有りますよね。
野球やサッカー、水泳にゴルフ・・・スポーツ英才教育したい父親とのせめぎ合いになりますが、基本的には子供が興味を持った事を支援する形式にしておきたい。
スポーツだと子供が小さい内は途中で挫折しても意外に他のスポーツにも融通が効いたりします。
ピアノ・バレエ・体操やスケートなど芸術系の習い事は女の子に人気ですが、こちらは会費や料金が高いので、子供が成長するにつれて親が継続することに慎重になります。
英語などの学習塾に関しては小学校でも英語教育が始まっていますし、料金も高くは有りませんから、効果としては見えやすいでしょう。
習い事に通わせる時期としては3歳以上からとして、幼児の頃は芸術系や学習系の軽い習い事を、体力がつく小学生辺りからスポーツ系を検討してみると良いかも知れません。
幼児の内は会費や料金も安いですが、子供も飽きやすいので、友達と一緒、兄弟と一緒など工夫をした方が良いと思いますよ。
最近では何か一つでは無く、複数習い事をつまめるスポーツ教室、アート教室、子供の学習教室なども有りますから、試して見ても良いと思います。