大学行く奴はバカ?大学行かせる親は親バカ?

最近の話題として大学進学するのは意味ないとか有りますよね。あれっって何なのかなぁと思ったりしますが、部分的には納得できる面も有ります。

今度は、上越教育大学の西川純教授や漫画家の江川達也さんが大学へ行く人に対して物申しているそうです。

西川教授は「中卒より高卒、高卒より大卒、同じ高校、大学だったら偏差値が高い方がいい」という事が間違っており、高校卒業までにキャリア教育を完成する必要があると述べています。

江川達也さんは「大学行くヤツはバカだよね」高校や大学に行く事は贅沢や豪遊であって、「豪遊は本当に人を堕落させる」「お金をかけず、自分のアイディアで遊ぶのが一番身になるのに」「中卒で働き始めた人と比べると、大学院まで行ったら、時間とお金を10年近くも無駄に使った事になる」と述べています。

しかし、江川達也さんは「子供に甘いバカ親は、ついつい大学に行かせちゃうよね。オレも馬鹿親、親バカだからなあ」とも述べており、自分の子供たちは大学に通っている。

江川達也さんが子供たちに「学歴関係ない漫画家になって実力勝負で何十年も生きてきてるし、師匠は中卒だ」と言ったら、「ぼくらには、お父さんみたいに才能がないから、大学行かせて下さい」と言われてしまったとか。

この2人の言っている事は納得出来る部分も有りますよね。

「中卒より高卒、高卒より大卒、同じ高校、大学だったら偏差値が高い方がいい」と言うのは、学歴社会と言うか会社がそういった人材採用をしているから、みんなこぞって大学に入りたがる様になったのです。

求人採用でも、未だに大卒以上と対象が限定されている企業も多い訳ですから、大学に行く事は間違いでは無いです。就職を考えた上で高卒迄にキャリア教育を完成させると述べているので、就職を考えた上で大学に進学するのは間違いでは無いですよね?

ようやく最近は学歴不問が求人採用でも増えていますが、偏差値や大学に対する人事のイメージは根強いのでは無いでしょうか?

其の後に江川達也さんの豪遊と贅沢が出てくる訳ですが、大学に遊びに行っている人は本当に頭悪いなぁとは思います。しかも奨学金まで利用して就職しない人も最近はいますから、厳しい言葉が出てくるのも理解できますね。

実際に周囲にそういった人達がいましたし、結局お金持ちの家柄だったりしますので、そう言った本当に大学に遊びに来ちゃった人達に流されない事が重要だと思います。

江川達也さんの言う様に、子供に大学に行きたいと言われると親としては進学させたくなりますので、子供もバカなら親も親バカと言うのも間違ってないでしょう。ただ家計に余裕が無いのに私立Fラン大に進学させるのは意味不明だと思っています。

2018年問題で大学も淘汰される時代となりますから、2018年以降は大学の数も減少するでしょうし、人手不足で企業側の考えも変わってくるでしょう。

大学淘汰とFラン大に関しては以下のページを参照して下さい。

大学の2018年問題って何?少子化で大学が潰れる時代へ突入

良いFラン大と悪いFラン大の一覧、偏差値と文科省指摘で見る

江川達也氏が子どもの大学進学をバッサリ「大学行くヤツはバカ」
http://news.livedoor.com/article/detail/11635137/