人事に聞いた新卒採用で評価する事、人柄の良さを重視し逆質問で仕事の内容

今年は6月解禁!企業の選考担当者に「新卒採用基準」を聞いてみた
2017年卒の新卒採用活動は去年までより2か月早い、6月から解禁される指針となった今年。希望の職業に是が非でも就きたいですよね!
株式会社エヌ・アンド・シーが採用業務に携わっている、20~69歳のビジネスパーソンを対象に「新卒採用に関する調査」を実施。
さっそく、選考担当者が「新卒者の選考で評価するポイント」を発表。
http://news.livedoor.com/article/detail/11583451/

明日から就職活動の面接が解禁されますが、企業の人事に携わる人に新卒採用選考で評価する事を聞いた結果が有りました。
1位「人柄の良さ」54.7%
2位「成長意欲の高さ、将来性」45.2%
3位「空気を読む力」43.8%
4位「学校で学んだ専門分野」39.2%
5位「ビジネスマナー」32.1%
最も多いのは人柄の良さとなっており、前回投稿での体育会系など部活動は15.8%とブービーに・・・
体育会出身者のための転職支援サービス「スポナビキャリア」
上記のサイトを見てみると体育会系学生は全体の8%しかいないそうで、やはり体育会系サークルと混同してそうな感じですね。
面接での逆質問に関する結果は、
1位「具体的な仕事内容に関する質問」45.8%
2位「前向きな姿勢や成長意欲が伝わってくる質問」40.5%
3位「仕事のやりがいや働く喜びに関する質問」36.1%
4位「長期的に働きたいことが伝わってくる質問」28.4%
5位「自社/自団体で働きたい気持ちが伝わってくる質問」35.6%
こんな感じになっており、最もしてはいけない逆質問は「調べればわかる質問」で、好感をもたれる逆質問は仕事内容の質問だそうです。
調べれば分かる事って一体何だろう?と考えて見ましたが・・・何をやっている会社ですか?とかでしょうかね?確かにイラつくかも知れませんね。