インド系インターナショナルスクールGIISとIISJ、授業は英語でハイレベルな数学教育

日本のインド式学校 ハイレベルな数学教育の鉄則5
グローバル化する社会で強く生き抜いてほしいと、わが子をインターナショナルスクールに通わせる親たちが増えている。なかでも今、注目を集めているのが、「インド式教育」を行うインド系のインターナショナルスクール。インドは世界屈指のIT(情報技術)立国で、世界各地でインド出身のIT技術者が活躍している。
https://jisin.jp/serial/life/edu/24025

インターナショナルスクールに通わせたい家庭を幾つか見てきましたが、インド系のインターナショナルスクールも有るそうですね。

グローバルインディアンファウンデーション(GIF)と言うシンガポールの財団が設立したのが、グローバル・インディアン・インターナショナルスクール(GIIS)

元NHK国際放送アナウンサーのニルマル・ジェイン氏を中心としたNPO法人が設立したのが、インディア・インターナショナル・スクール・イン・ジャパン(IISJ)

東京以外ではIISJが横浜に、GIISが甲府に有るそうです。

インド式インターナショナルスクール

インド式インターナショナルスクールの授業は英語で、ハイレベルな数学教育を受けられるとして数年前から注目されてはいるそうです。

生徒の殆どがインド系では有るのですが、2割程度は日本人が在籍しているそうです。

インド式インターナショナルスクールの特徴

インド式インターナショナルスクールの特徴としては。

  • 英語能力を上げたい
  • インド式数学教育
  • 学費が安い

この様な特徴が挙げられています。

英語を学ばせたいなら何もインド系のインターナショナルスクールで無くとも良いのですが、ご存知の通りインターナショナルスクールの学費は高いので、学費を抑えたインド系インターナショナルスクールが注目されました。

しかも良く知られているインド式数学教育を受ける事も出来る訳ですから、英語、数学、安い学費でお得と考える保護者が多いのかも知れませんね。

インターナショナルスクールの注意点

しかし、インターナショナルスクールと言うのは基本的に外国人家庭の子供の為のスクールですので、そこを間違えてはなりません。

要はインド人の子供が日本の学校に馴染む事が大変な様に、日本人の子供がインドの学校に馴染むのは大変だという事です。

もう少し言うとWASC、ECIS、ACSI何れかの団体の認可を受けたインターナショナルスクールでなければ日本の大学へ進学するには大検を受験しなければなりません。

インターナショナルスクール認可校一覧

認可を受けているインターナショナルスクールは以下の通り。

  • セント・メリーズ・インターナショナルスクール
  • アメリカンスクール・イン・ジャパン
  • クリスチャン・アカデミー・イン・ジャパン
  • 聖心インターナショナルスクール
  • 清泉インターナショナルスクール
  • サンモール・インターナショナルスクール
  • 横浜インターナショナルスクール
  • コロンビア・インターナショナルスクール
  • 東北インターナショナルスクール
  • 北海道インターナショナルスクール
  • 名古屋インターナショナルスクール
  • 大阪インターナショナルスクール
  • カネディアン・アカデミー
  • マリストブラザーズ・インターナショナルスクール
  • 福岡インターナショナルスクール
  • 沖縄クリスチャンスクール・インターナショナル

学校の資料を一括請求・ネット出願はこちら

今後認可校が増える可能性も有りますが、インターナショナルスクールは海外の学校で有ると言う事を認識した上で通わせるかどうかを検討してみましょう。

数学と英語ならZ会アステリアでも良い

英語と数学が出来る様になるインターナショナルスクールも良いですが、ハッキリ言って日本人で数学と英語力を身に付けるならZ会アステリアで充分でしょう。

オンライン講座Z会Asteria(アステリア)のキャンペーン開催中、評判も上々で料金も極力安く

何となくカッコいいからとかでインターナショナルスクールに通わせようとしているなら、Z会アステリアも視野に入れてみて下さいね。