都立園芸高校など農業高校の女子人気、菓子作りや漫画・アニメの影響が理由

女子7割の学校も いま「農業高校」が女子に人気のワケ
 新学期を迎え、新入生が新しい学校へ入学する4月。都内のある農業高校では、新入生の6割以上が女子だった。農家が減り男子生徒が激減する中、農業高校に入学する女子生徒の割合は全国的に増え続けている。かつては、農家を継ぐ男子のイメージだった農業高校。いつ頃からなぜ、このような変化は起きたのだろうか。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160427-00000002-wordleaf-soci

東京都の都立園芸高校では男子生徒より女子生徒が多く、農業高校が女子に人気の進学先となっているそうです。
文部科学省の学校基本調査詳細版では、農業学校の生徒数は1992年度の14万2645人から2015年度の8万3040人と減っているのですが、2015年度の農業高校の女子割合は48.8%(4万514人)となっており過去最高を記録。
何故、農業高校へ進学する女子生徒が増えたかと言うと、パン作りやケーキ作りなど菓子作りに代表される「食品に関する科目に食品加工や流通」が加わり、フラワーアレンジメントやバイオテクノロジー、更にペットに関する項目も加わった事で人気となっているそうです。
そして、農業高校を舞台にした漫画・アニメが人気となった事で、農業高校へ進学する女子生徒が増えた事も理由として有るそうです。
そう考えると農業高校が人気と言うよりも、園芸・食品などの専門学科・学部の有る高校が人気なのですねぇ。
東京都立の農業系高校は8校。
東京都立園芸高等学校 – 園芸科・食品科・動物科 – 定時制併置
東京都立大島高等学校 – 農林科
東京都立農業高等学校 – 都市園芸科・緑地計画科・食品科学科 – 定時制併置
東京都立農芸高等学校 – 園芸科学科・食品化学科・緑地環境科・農芸科 – 定時制併置
東京都立農産高等学校 – 園芸デザイン科・食品科・農産科 – 定時制併置
東京都立八丈高等学校 – 園芸科
東京都立瑞穂農芸高等学校 – 畜産科学科・園芸科学科・食品科・農業科 – 定時制併置
東京都立三宅高等学校 – 農業科
東京都の私立高校では東京農業大学第一高等学校、東京農業大学第二高等学校、東京農業大学第三高等学校が有りますが、これらの高校は学校法人東京農業大学と付くものの農業系の学科は有りません。
都立の農業系高校の偏差値は高く有りませんが、東京農業大学第一高等学校、東京農業大学第二高等学校、東京農業大学第三高等学校の偏差値は総じて高い。
東京23区内から通学すると考えると、東京都立園芸高等学校、東京都立農業高等学校、東京都立農芸高等学校、東京都立農産高等学校に絞られます。
農業の跡継ぎ問題も有りますから、少しでも農業に関心を持ってもらうことは重要ですね。
しかし、漫画やアニメの影響は凄い強い様で、ちょっと驚いてしまいます。