一人暮らし大学生への平均仕送り額が過去最低、入学費借入額は過去最高

東京地区私立大学教職員組合連合が調査した結果、一人暮らし大学生への平均仕送り額が過去最低となっているそうです。
首都圏の私大に通う大学生への仕送り額は月平均8万6700円。
首都圏私大生の平均家賃は6万1200円。
首都圏私大生の親の平均年収は900万9000円。
入学費用の借入額は平均183万円で過去最高。
以前から大学生への仕送り額が減少していましたが、今回も減少して過去最低の記録を更新と言う事ですね。
首都圏私大生の親の平均年収が900万9000円で2年前より5000円の減少だそうで、2年前の親の平均年収は1000万円以上となりますね。医大や理系は学費が高いですからねぇ。大学院も視野に入れなければいけないし大変ですね。
一方、大学生の家賃相場は上昇しており、アルバイトで生活費を賄っている大学生が多くなっています。
入学費の借入額は過去最高となっており、裕福な家庭と無理して私大に入った家庭との格差が拡大している印象。
親としてはパートで稼いだお金を仕送りして、子供は自分でアルバイト。
パートとアルバイトを2、3年続ければ主婦も学生も良い社会経験となりそうですが、借入額を見る限りパートもアルバイトもする気が無い感じ。
ここ迄して大学へ入れてもニートになる学生がいる訳で、仕送り額が減るのは仕方ないでしょうか。
パートやアルバイトの時給が上がれば、少しはマシになるかもしれませんね。