東京で放射能汚染が未だに有るホットスポット?食品や飲料は大丈夫?

以前、東京都葛飾区に有る水元公園で高い放射量だった事が有りましたが、どうやら除染しても未だ高い放射線量となっているそうです。

他に牛久沼、印旛沼、手賀沼、柏の葉公園、松戸なども高い放射線量となっている様で、以前高い放射線量となっていた場所はホットスポットとなってしまっている様子。

直ちに影響は無い・・・何だか聞いたことの有る言葉ですが、これはどうしたら良いのでしょうか?

食べ物とか飲料とか放射能検査で大丈夫とされていますので、これらは心配無いが住んでいる地域が高い放射線量とか意味無いじゃん!と言いたくなる人も居そうですね。

そんな中、野菜の宅配などを行う生協の生活クラブ生協が、自主的に行っていた食品の放射能検査基準値を更に厳格化すると発表しています。

【生活クラブ】

九州産の野菜や、西日本の野菜セットなども未だに売れている様ですし、Twitterとかでも食品の放射能汚染がウンタラカンタラ呟いて炎上している人もいる様に、やっぱり気になる人が多いから厳格化する事になるのですよねぇ。まぁ子供がいる家庭で心配しない方がおかしいかも。

あまり気にしてもどうしようも有りませんが、空間線量とはいえ高い放射線量のホットスポットは何の影響なのでしょうか?

原発事故との因果関係とか、それ以前から高いのか全く分からないですね。