ぬり絵が大人に人気となっている理由はストレス軽減できるから

くらし・遊び

ぬり絵が大人に大人気となっているらしいです、と言っても海外での事ですが100万部以上も売れているぬり絵も多く有ります。

子供向けのアニメキャラクターなども楽しいですが、大人に人気となっているぬり絵は幾何学模様な感じだったり、お花の様な絵だったり結構複雑で塗り分けが楽しめる印象です。

2013年頃からベストセラーになり始めて、2016年現在でも多くベストセラーに選ばれている。

最も有名なぬり絵はジョハンナ・バスフォードさんのぬり絵。

Secret Garden(シークレット・ガーデン)

Enchanted Forest(エンチャンテッド・フォレスト)

上記ぬり絵は2つ合わせて累計発行部数は1350万部以上!これは凄いですね。

ジョハンナ・バスフォードさんは元々背景などに使用する手書きの壁紙作家だったそうです。

何度かクライアントにぬり絵がしたくなる絵だね。と言われていた事も有り、大人向けの絵本を提案した事がキッカケだそうです。

そんなジョハンナ・バスフォードさんが、大人がぬり絵をする理由は懐かしいという思いや子供の頃の様に夢中になれるからでは無いか?と述べています。

しかしながら専門家によるとストレスが関係しているらしいです。

右脳と左脳のバランスを保つ事がストレス軽減に繋がるので、左脳をよく使う現代社会に右脳を使うぬり絵はピッタリだそうです。

例としてフランスで人気となっている事が挙げられており、世界で最も鬱になりやすいフランス人もぬり絵でストレス軽減しているとの事。

これはうつ病大国である日本でも人気となっておかしく無いのですが、あまり聞きませんねぇ。

売れているのはぬり絵だけでなく、色鉛筆も売れており、これは紙も含めて経済効果も凄そうです。既に色鉛筆は世界的に在庫不足となっています。

トンボ鉛筆 色鉛筆 NQ 36色 CB-NQ36C

出版業界の不況だったり、三菱鉛筆が硬質色鉛筆の生産終了を発表したりしていますから、これはストレス軽減もそうですが、業界も売り出しにかかった方が良いのでは無いでしょうかね?

三菱鉛筆 色鉛筆 硬質色鉛筆 12色 K770012C

子供と一緒にぬり絵するだけでも大人はストレス軽減となりますから、皆でぬり絵しましょう!

タイトルとURLをコピーしました