パートの主婦は時給アップを嫌がる?理由は扶養内で働きたいから

なぜ、パート主婦は時給UPを断固拒否するのか?
http://news.livedoor.com/article/detail/11249282/
パートの主婦は時給アップを嫌がると言うか喜ばないと言う記事が有りました。
理由としては時給アップによって夫の扶養内から外れ、税金・社会保険料を取られたく無いからとなっています。
103万円の壁、130万円の壁は良く聞きますし気を付けていた時期も有りましたので分かりますが、100万円の壁、141万円の壁、106万円の壁なども有るそうです。
まずパート収入が100万円越えると住民税がかかる。
パート収入が103万円越えると住民税の他に所得税がかかり、夫の配偶者控除から外れ配偶者特別控除へ切り替わる。
パート収入が130万円越えると住民税・所得税などの他に、健康保険や厚生年金保険料など社会保険料がとられる。
パート収入が141万円越えると配偶者特別控除は適用外。
最後に106万円の壁は、2016年10月から、一定の条件(従業員501人以上の企業で働く人が対象、1週間の所定労働時間が20時間以上など)を満たす場合、パートで働く労働者も厚生年金や健康保険への加入が義務付けられる。となっています。
と言う事でパートの時給が上がると困ってしまう主婦が多いのです・・・なんて訳無いでしょう。
パートの時給が上がると言うことは、普通に考えて喜ぶことです。
何しろ今までよりも短い時間で同じ給料を得ることが出来るわけで、仕事以外の時間が出来るのです。何で同じ時間パートすること前提なのだろう?配偶者控除に関しては夫がキレると思うので厳守しますよね。
それに最初っからパートだった訳じゃ無い主婦が殆どですし、夫婦双方が正社員の共働きも多いですし、何か変な記事ですね。