子育て世帯の14%が生活保護以下、子どもの貧困率も倍増の現代

「子どもの貧困」倍増の背景は? 大人の18%超が生活保護以下の世帯収入
http://news.livedoor.com/article/detail/11213092/
貧困家庭や、子どもの貧困率などを最近よく聞きますが、子育て世帯の14%は生活保護以下の収入と言う研究結果を山形大人文学部の戸室健作准教授が発表しています。
都道府県別の子どもの貧困率は以下の通りとなっています。
沖縄 37.5%
大阪 21.8
鹿児島 20.6
福岡 19.9
北海道 19.7
宮崎 19.5
高知 18.9
和歌山 17.5
青森 17.5
熊本 17.2
京都 17.2
愛媛 16.9
長崎 16.5
岡山 15.7
兵庫 15.4
宮城 15.3
広島 14.9
鳥取 14.5
岩手 13.9
大分 13.8
山口 13.5
徳島 12.4
埼玉 12.2
新潟 12
山形 12
奈良 11.7
山梨 11.7
香川 11.6
福島 11.6
佐賀 11.3
神奈川 11.2
長野 11.1
愛知 10.9
静岡 10.8
千葉 10.4
栃木 10.4
東京 10.3
群馬 10.3
石川 10
秋田 9.9
三重 9.5
岐阜 9.4
島根 9.2
滋賀 8.6
茨城 8.6
富山 6
福井 5.5
住みたい街の詳細情報を調べるにはコチラ
子どもの貧困率が増加した理由として非正規社員が増えたから、ワーキングプアが云々カンヌン・・・この理由は逆だと思うのですよねぇ。子供が出来たから非正規社員になった、もしくは元々非正規社員に子供が出来た。
ご存知の通り少子高齢化で、更に結婚しない晩婚化。非正規社員の殆どは主婦が中心と言う事を考えると非正規だからと言う単純な問題では無いと思います。
大体、最も子供貧困率が高い沖縄37.5%、最も子供貧困率が低い福井5.5%と差が開きすぎており、どちらも地方です。
似た様なランキングを何度も見てきました。そう無職率と言うか都道府県別の失業率ランキング。
失業率でも沖縄がダントツ、大阪や福岡も高いなどなど大体同じ様な順位。学力テストの結果は微妙に異なりますが、似ていると言えば似てる。
貧困の連鎖で有る訳で、どの時点で自治体や国が支援するべきなのか?どこ迄支援すべきなのか?支援はお金なのか?親と切り離して良いのかどうか?などなど。考える事は沢山有りますが、早急に対応が必要な事は間違いない。
人口減少で日本成り立たないと言っている知事の所も子どもの貧困率が高い。