パートやアルバイト人口の74%は主婦、一日中家に居るのは退屈

工場勤務の主婦が明かす!「昼休みのタイムテーブル」が壮絶
主婦のパート・アルバイトは、パート・アルバイト人口全体の74%を占めていると言われる。この数字から分かる通り、主婦パートだらけの職場も珍しくない。
記者がある主婦のパートの昼休みを取材してみたところ、「もはや休みとは言えないのではないか?」と思えるほどに、超多忙な昼休みを過ごしていると明らかになった。
http://top.tsite.jp/news/buzz/o/27224853/

パートやアルバイト人口全体の74%は主婦だそうです。これは始めて知りましたが凄い人数ですよね。主婦がいなけりゃ日本経済は回らないと言った感じ。
以前にも書きましたが専業主婦はドンドン減少しており共働きがドンドン増加、現在では圧倒的に共働き家庭が多いです。
共働き世帯と専業主婦世帯の推移が完全にX、育児と仕事の両立は正社員より派遣社員?
勿論パートやアルバイトだけでなく派遣社員も殆どが主婦ですからねぇ。
既婚子持ち家庭への調査では、専業主婦や専業主夫になりたい人と、なりたくない人の数もそんなに変わらず、共働きが多い中でも専業主婦や専業主夫になりたい方は結構居る様子。
そもそも働きたく無い、自由な時間が欲しい、そしてもっと子供と一緒にいてあげたいと言う理由がなりたい人の意見。
なりたくない人は、家計や将来のお金の心配、一日中家に居るのは退屈などが有る様です。
子育てが一段落してしばらく経つと退屈になるのは事実です…家計に余裕が有れば習い事とか出掛けたり出来ますが、そんな余裕がない家庭が多いのでパートや派遣で働く事が当たり前になっている印象。
なんで旦那の稼ぎだけでは足らなくなったのだろう?使い過ぎている訳でも無いのにねぇ。
多分、物価や税金が上がったたのに対して給料が上がらない事が原因ですよねぇ。
便利な社会になったのに給料上がらないとか…逆じゃ無い?便利じゃなかった時代の方が稼げたとか…なんだか複雑ですよね…