ファッション業界で主婦活用、30代や40代の再就職を狙う

ファッション業界の従業員不足 経営者の発想転換がカギに
一方、発想を変えると、従業員は何も若者でなければならないことはない。いわゆる、主婦層の活用である。20代で、結婚、出産を経験すると、30代、40代では時間的な余裕も出てくる。
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2016-02-01/post-640/

人手不足と良く聞きますが、ファッション業界も深刻な人手不足だそうです。
アパレル企業の従業員数は増加しているが、店舗で働く従業員が足らないらしい。
20代の若者世代はファッション業界には興味が無い様で、大々的に求人をしても中々人が集まらないそうです。
そこで脚光を浴びているのが30代や40代の主婦再就職組。
「主婦スタッフの取締役への登用」「店長、チーフクラスの待遇改善、その後のポストの創出」「パートから正社員への登用」など様々な待遇を用意する企業迄有るそうです。
確かに若者向けファッションの店舗でも30代や40代と見られる主婦が一生懸命働いていますよね。
販売ノルマ無し!とか言う求人も有ったりと、以前の様な雰囲気では無いことは確か。
主婦向けの求人は結構多く有り、派遣社員やパートだけでなく、時短勤務や地域限定正社員の様な雇用形態も探すことが出来ます。
主婦の再就職でも仕事を選ぶ事が出来るのは嬉しいですね。