不登校の小学生と中学生には通信教育がおすすめ

学校

不登校となっている小学生や中学生が増加しており、小学生や中学生が不登校となる原因や理由はハッキリしておらず不明となっていますが、やはり勉強の遅れが原因なのかも知れません。

しかし、小学生や中学生の不登校で通信教育が注目されており、不登校には通信教育がおすすめである事は結構言われています。

不登校の小学生や中学生のお子さんがいる方は、通信教育で勉強の遅れを取り戻す事から始めてみましょう。

不登校の定義と増加理由

不登校の定義として、現在では心理的要因などで年間30日以上学校を休んだ場合に不登校としているとなっています。年間30日・・・学校に行きたく無いなぁと毎月2、3日以上休んだら不登校。

新規で不登校となった割合は0.65で過去最高、人数にして6万5807人。継続も含めた小中学生の不登校人数は12万2902人。1日180人が不登校となる計算。

この不登校の定義だと理由も曖昧になりますから、数字上増えてしまうのは当然かも知れません。最近の小学生や中学生は色々と有りますから。

学校に居場所がなく不登校へ

例えば、コミュニケーションを他人と取るのが苦手な子供が多くなっており、東京都内の様に学級数が多いと人間関係で悩む子供も多いでしょう。

不登校支援の学校が少人数なのは、先生の目が行き届きやすいと言う理由の他に、大人数よりも少人数の方が居場所が有ると思う小中学生が多いと言う意図も有ります。

いじめもそうですが、上記の様な子供の性格上の問題、そして子供が学校の勉強についていけなくなると、やはり不登校になる可能性は高くなるでしょう。

しかしいじめや性格上の問題、勉強についていけないと言った不登校の理由で有れば、学校側で対処も可能なのですが、それ以外の原因だと学校では対処が難しそうです。

家庭環境で不登校へ

少子化によって子供の数は減り、小中学校の教員は仕事が減るかと思ったら逆に増えている昨今の現状が有りますので、家庭環境の問題も不登校の原因となっている場合も有ります。

親からのプレッシャーに耐えられなくなったとか、学校休ませて子供に家事させたり、以前、旅行行くから学校休ませた親も居ましたよね。

こう言った事から子供が不登校となった原因としては、家庭環境の在り方が多種多様となり、学校側が把握出来ない事例が多すぎるのかも知れません。

自治体のケースワーカーと連携して、何かしらの対処が欲しいところですね。

不登校からひきこもりになる前に

一番心配なのは小学生でも中学生でも不登校からひきこもりになってしまう事です。

不登校でひきこもりがちになるのは当たり前ですが、まったく部屋から出てこなくなってしまう前に対処しなければなりません。

そうした意味でも小学生や中学生で不登校の生徒さんには通信教育で勉強を通じて対応出来る様にしておく事を各所で行っています。

リモート授業は出席扱いで不登校解消

以前、小学校や中学校でもオンライン授業を行う様になるかも知れませんと書きましたが、新型コロナの影響によって思っていたよりも早く小学校や中学校でリモート授業を行う様になりました。

参考:Classi(クラッシー)とスタディサプリのネット学習、学習支援のスタディプラスも含めて比較してみよう

この様に、もともと学校でリモート授業が出来る体制が整っていた小学校や中学校だけでなく、今や殆ど全ての小学校や中学校でリモート授業を導入していますので、不登校の子供にとっては勉強がしやすくなったのではないでしょうか。

リモート授業の普及で学校に行かなくても家庭学習で一定の成果を校長が認めれば出席として扱う様になりました。無理をして学校へ行く必要もなくなったので不登校の小学生や中学生は精神的に楽になったと思います。

特にいじめなど勉強の遅れ以外が原因で子供が不登校になってしまったのであれば、家庭学習で出席扱いとなるのはいじめ対策としても効果があるのではないでしょうか。

不登校におすすめの通信教育

学校のリモート授業の他に、通信教育で不登校でも勉強ができ学力が向上して不登校が解消する事例も多いです。

次の不登校におすすめの通信教育は、小学生から中学生まで対応してますし、中には不登校サポートや大学受験も目指せる通信教育もありますので参考にして下さいね。

では不登校におすすめの通信教育を見ていきましょう。

デキタスは不登校児に優しい

デキタスの口コミ評判には、不登校だった子供が自ら勉強をし始めた事例が多いですから、不登校の子供を持つ親御さんは教科書に準拠しているデキタスで勉強を進めておきましょう。

デキタスの口コミ評判が自宅学習で上昇、料金も安くポイントで景品も貰える

デキタスはアニメキャラクターを使っていますので、アニメが好きな子供なら興味を示してくれる事が多いです。

デキタスで勉強の遅れを取り戻す事で不登校の解消に繋がった事例もありますので、勉強の遅れで不登校になっている小学生や中学生には先ずデキタスを勧めてみましょう。

スマイルゼミは不登校でも安心

スマイルゼミも教科書に準拠して学校にも導入されている不登校の小学生や中学生におすすめの通信教育です。

スマイルゼミ

専用のタブレットで授業を見ているだけではなく、子供が自分で動かしながら勉強できる様に作られていますので分かり易いです。

不登校の小学生や中学生でも無理なく勉強を進める事ができますので子供に勧めてみましょう。

進研ゼミで不登校から受験する

小学生や中学生の不登校から受験を目指すのであれば進研ゼミがおすすめでしょう。
家庭学習は一人になりがちですので、やっぱり赤ペン先生という強い味方がいるのは心強いですよね。

進研ゼミ 小学講座

進研ゼミ 中学講座

進研ゼミも教科書に対応していますし、受験講座も選択できますので不登校の小学生や中学生の受験勉強に適しています。

進研ゼミは昔から通信教育を行ってきましたので、不登校の小学生や中学生の利用者も多いですから安心でおすすめですね。

Z会の通信教育は不登校から自信へ

Z会の通信教育も不登校の小学生や中学生が受けたい通信教育として人気があります。

Z会の通信教育

Z会の通信教育は、デキタスや進研ゼミよりも少々難しい問題が出てきますが、勉強の遅れとなる原因が算数や数学である事が多く、数学学習に定評のあるZ会の通信教育で学びたい不登校の小学生や中学生が多いのです。

教科書対応も拡大しており、もちろん受験にも対応していますので、不登校の子供が自信を持つようになりますのでおすすめです。

Z会Asteriaは不登校でも1人じゃない

不登校の中学生におすすめな通信教育として、Z会Asteriaの総合探求講座は良いと思います。

【Asteria】Z会のオンライン学習

Z会Asteriaの総合探求講座は勉強ではなく、生徒同士でコミュニケーションを取りながら進めて行くグループディスカッションの講座です。1人ではないと感じる事は不登校の子供にとって重要ですからね。

もちろん総合探求講座以外の講座も評判が良いですのでおすすめです。

Z会Asteria(アステリア)は評判も上々で料金も値下げ

Netty(ネッティー)の不登校サポート

Nettyはオンラインの家庭教師で通信教育ではありませんが、不登校サポートコースがあります。

小学生や中学生だと不登校の原因に学校の先生が嫌だという理由もあるでしょう。

そういったお子さんにはNettyの不登校サポートコースで勉強の楽しさを学んだり心のケアがおすすめです。

インターネット家庭教師Netty

オンラインではありますが家庭教師と顔を合わせて話す事で、お子さんの孤独感もなくなると思います。

通信教育は併用も簡単

通信教育の良い点は入会も退会も簡単で、料金が安いので併用も出来ることが挙げられます。

料金は月単位で発生しますので、前月までに連絡すれば退会できますし、再入会も同様に月単位ですので、無駄がないのですよね。

小学生や中学生の興味は様々ですから、先ずは興味を示した通信教材を利用して、その後に学習度合いに応じて他の通信教材を併用する方法をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました