子供の就職活動や主婦の再就職活動で知っておきたい、TOEICや英検の履歴書での語学アピール方法

子供が就職活動し始めたり、専業主婦からの再就職活動中の方もいらっしゃるでしょう。
英語力は就職活動では武器となりますが、TOEICや英検などを履歴書での語学力アピール方法はどの様に書いたら良いのでしょうか?

TOEIC・英検はどう記入する? 履歴書で語学力をアピールする場合のポイント
TOEIC・英検などの資格を持っている場合や、外資系の企業を受ける場合は語学力をアピールポイントとしたいですよね。今回は、履歴書でTOEIC等の語学力をアピールする場合のポイントを解説します。
http://top.tsite.jp/news/buzz/o/27224812/

まず、履歴書の資格欄にTOEICスコアや英検の級数を記載するのは間違い有りませんが、取得年数を最新に変更し、TOEICスコアや英検級数は最も高い最高点・級も記載する。
TOEICはTOEIC730点とかで良いですが、英検は英検2級ではなく実用技能英語検定2級と記載。まだ向上心が有る事を示すため、現在TOEIC800点や英検準1級を目指して英会話学習している事も記載した方が良いらしい。

実践的な英語力の履歴書への書き方

TOEICや英検の様に資格欄に記載出来る場合は上記で良いが、実践的な英語力を持っている方は、また違った書き方となる。

<ゼミが語学関係の場合>
「『専攻名』通訳入門ゼミ『指導教官』山田太郎教授『研究・ゼミテーマ・内容』スペイン語で通訳・スピーチ等を行う。訪日スペイン人と共に観光地を訪ね、観光案内等を通して実践的な訓練を行っています」
<語学が好きな場合>
「英語(日常会話が可能)独語(挨拶程度可能)」
<留学経験がある場合>
「○年○月~○年○月までイギリス○○大学に留学。英語は得意です」
「○年○月~○年○月 アメリカでホームステイをしながらの短期留学。現在も英語力の向上を目指して勉強を続けています」
<留学生の友人がいる場合>
「誰とでもコミュニケーションをとれます。留学生の友達も多く、意思疎通程度であれば、英語、スペイン語、中国、ロシア語を理解できます」
<海外での生活経験がある場合>
「○~○才までアメリカで生活。英語は得意です」

成る程、英語資格は無いが、英語を話せると言うアピールは欠かさずにしておきたいですね。
大学出た人なら第2外国語も有りますから、履歴書には記載した方が良さそうです。

主婦の再就職活動でも英語アピール

大学生の就活ならキッチリアピールするのでしょうけど、主婦の再就職活動ともなるとねぇ・・・色々と忘れてしまっているのですよ。いや本当に。
ただ、折角勉強した英語をアピールする事は忘れずに行いたい。
TOEICや英検を持っていない方は、以下を参考にして取得しましょう。

レアジョブのオンライン英語教材で英検二次試験に全員合格の桐蔭学園

レアジョブのオンライン英語教材で英検二次試験に全員合格の桐蔭学園


オンラインレッスンのレアジョブ英会話