2015年の出生数が5年ぶりに増加、30代女性の出産が多い

厚生労働省の人口動態統計年間推計で、2015年の出生数が5年ぶりに増加し、2015年に生まれた赤ちゃんの人数は推計100万8000人となっています。
出生数、5年ぶり増加…推計100万8000人
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151231-OYT1T50108.html
出生数が100万割れ間近となっていましたが、ここから増加に転じて少子化に歯止めをかけたい処。
30代女性の出産が多かったらしく、理由として「雇用情勢の改善や保育施設の増加が影響した可能性がある」と厚労省は述べている様です。
芸能人も出産ラッシュでしたから、もしかしたら一因かも知れません。
一方で、婚姻件数は9000組減の63万5000組、離婚件数は3000組増の22万5000組・・・これは一体どうしたのでしょう・・・
結婚する人は少なくなり離婚が増えているが、出生数は増加と言うちょっと良く解らない状況となっています。
何はともあれ、出生数の5年ぶり増加は非常に喜ばしいですね。
DHC マカ (20日分) 60粒
DHC マカ (20日分) 60粒