過保護と過干渉の違い、アダルトチルドレンになる危険性

過保護との混同に注意! 子供時代の「過干渉」がアダルトチルドレン化をもたらすワケ
http://allabout.co.jp/newsdig/c/74242
過保護な親はよく聞きますが、過干渉な親と言うのも最近ではいるそうです。
過保護と過干渉の違いは、
・過保護:子供が望んだことを手伝うこと。
・過干渉:子供が望む前に手伝うこと。
この様に説明されており、子供が結論を出す前に親がしてしまう事だそうです。
過干渉は過保護よりも子供がアダルトチルドレンになる危険性が高い様で、過干渉の親は自分が過干渉だと認識をしていない事も特徴。
過干渉で育った子供は思春期を過ぎた辺りから問題行動を起こし始め、人間関係が破綻し、恋愛も出世も、もちろん結婚も難しい感じとなってしまうらしい。
気づいた時には遅いと書いて有りますが、多分そういった親は気付きもしないと思う。子供の方が先に気付いて親を嫌がる可能性も有るでしょう。
最近では精神年齢が低い様な大人を見たりしますが、アダルトチルドレンなのでしょうかね?調べてみると精神年齢が低い事とアダルトチルドレンの関係性はあまりなさそう。精神年齢が低いままの場合は発達障害に分類されるのかな?
どちらかと言えば過干渉を行っている親の方がアダルトチルドレンかもしれませんね。いつまでも子供を支配しておきたい・・・みたいな。