子供の人口過去最少の1617万人、増えたのは東京都のみ

子どもの人口、34年連続減=1617万人で過去最少―総務省
 総務省が「こどもの日」に合わせて4日発表した15歳未満の子どもの推計人口(4月1日現在)は、前年より16万人少ない1617万人で、1982年から34年連続の減少となった。比較可能な50年以降の統計で、過去最少を更新。政府が子育て支援策を重視する中、少子化の進行に歯止めがかからない実態を改めて浮き彫りにした。内訳は男子が828万人、女子が788万人。
 総人口に占める子どもの割合は、前年比0.1ポイント減の12.7%で、41年連続の低下。人口4000万人以上の主要国と比べても、米国(19.3%)、英国(17.6%)、中国(16.5%)、韓国(14.3%)、ドイツ(13.1%)などを下回る最低の水準が続いている。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150504-00000061-jij-pol

総務省の発表によると、2015年4月1日現在15歳未満の子供の人口は1617万人の過去最少人口となっています。
子供の人口は34年連続で減少しており、今後も大幅に増える見込みは無さそうですね・・・
そんな子供が減っている中、唯一子供が増えたのが東京都。
結構前から少子化は言われており、少子化対策も行っている筈なのにこの体たらく・・・どうしようもない。一体この数十年間何をやっているのだろう・・・
不況だから、給料が上がらないからと理由を付けていますが、何れも少子化の原因では無いと言う事になります。
そもそも結婚していない独身が増えており、芸能人など資産に余裕のある方ですら結婚していない現実が有りますね。
子供が出来たから結婚する出来ちゃった結婚ですら、今となってはどうでも良い位に子供が減っています。
このまま少子化が進むと本当に学校や会社のみならず自治体すら消滅すると警告を発しているにも拘らず、未だに新卒主義だったり、人口が増える前提の事業や自治体運営を行っていたりするのは異常な光景ですね。
何故人口が増える前提なのか?と言うと、やはり移民大賛成なのでしょう。既に幾つかの地方では多くの外国人によって成り立っている地域も有る様です。
こうなるとハーフタレントの乱発も何か裏が有ると疑ってしまう程ですね。
しかし、やはりそんな事を言っている場合では無い程減っている事を真剣に考えなければ成らない正に待ったなしの現在です。
一度年代別の人口数グラフを見てみると、どれだけ深刻な状況で有るかが分かりますよ。
全論点 人口急減と自治体消滅
全論点 人口急減と自治体消滅