主婦の再就職で大変な事は?

ママの再就職、大変なことって?
結婚や出産をきっかけに、仕事をやめてしまったママ。育児が落ち着いて社会復帰したいと思っても、なかなかきっかけがつかめないもの。ブランクも気になって消極的になりがちです。そこで、ママの再就職の実情について、キャリアコンサルタントで二児のママでもある小倉環さんにお話を伺いました。
http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20150411/Mamatenna_14647.html

現在政府は女性の社会復帰を推進していますが、主婦の再就職はどうなっているのでしょうか?
基本的に出産、育児などで休職や退職する方が多いと思いますが、復帰にあたり子育て時期・タイミングや、ブランク期間によって再就職の難易度も変化しますね。
記事では再就職の時期は現在一番小さな子供が平均2.2歳だそうです。なるべくブランク期間を少なくしたい感じです。
もともと在籍していた企業へ復帰できるのが理想ですが、全ての企業で可能ではないですから、再就職活動をしなければなりません。
特に子供が小さい内はフルタイムでは難しい部分も有りますよね。だから女性のパートや派遣社員、契約社員が必然的に多くなります。
しかし最近の企業の傾向として、育児中の女性の再就職を歓迎している会社は多いです。
営業、事務、企画系から求人を探す
特に保険会社は現状儲かっている事も有り、直行直帰の時間自由、時短OK、地域限定職などを取り入れている企業が増えています。
インセンティブで稼ぐ企業も有りますが、最初は月給30万円程度を最低給与としています。昔とは全然違いますね。
飲料や食品メーカー、消費財メーカーなどでも同様の形態で募集をしている企業があり、契約社員として採用後に正社員登用制度を適用する感じですね。
残業時間などが記載されている事務職求人も多くなっており、主婦の再就職も以前よりはしやすいのでは無いでしょうか?