子供がニートになってしまった時の対処法

【実録】もしも子供が「ニート」になったら? 社会復帰を支える3つのポイント

【実録】もしも子供が「ニート」になったら? 社会復帰を支える3つのポイント


子供がニートになってしまった時に親が出来る3つのポイントが紹介されています。
① 本人の言葉が出るのを待つ
② 自尊心を傷つけない
③ ありのままを認める
この様になっています。
子供が無職ニートになってしまった事を間違っても責めてはいけません。ニュースでも知っていると思いますが、最悪のケースとなります。
解っていると思いますが、子供とは言え無職ニートは世間一般的な感覚とは大きな隔たりがあります。引き籠もりも同様です。
何故ニートになってしまったのかは、なってしまってからでは関係ありません。
こうなってしまうと本人の意思を尊重するしか対処法はありません。
「働け」と言う言葉に過剰に反応し逆上しますので、本人が働きたいと思わなければ基本的に無理。同様に「無職」「ニート」などの言葉にも、本人に全く関係のない場面でも過剰に反応しますので注意が必要です。
自分で俺無職だから・・・ニートだから・・・と言えるなら、あともう少しでしょう。そこまでコミュニケーションが取れるなら社会復帰も可能。
コミュニケーションが取れるなら、本人が無職ニートになった理由も述べてくれます。
まずは待つしかないです。責めてはいけません。注意して欲しいのは無視・無関心をしてはいけない事です。
無職ニート引き籠もりとは言え、コミュニケーションが取れないとは言え、その本人にとって家族は大事に思っています。形はどうあれ信頼をしています。
その家族に無視・無関心と言う拒否の形を取られると、それまでの心の防波堤が壊れます。精神的に追い詰められていると言う事を理解してあげましょう。
毎日遊んでいる様に見えて深く傷つき・深く悩み・深く考え込んでいますので、決して責めてはいけません。真剣に向き合いましょう。
但し親が無職ニートの場合はちょっと良く解りません。