子供の英語・英会話やネットでのオンライン授業・講義などへの興味が増加

2013年は子どもの「英会話」が急増–グーグルが教育の検索トレンドを発表
グーグルは1月14日、2013年に日本で検索された教育関連のキーワードの動向やトレンドを紹介した。なお、検索の際にユーザーが使用した端末はPCとモバイルでそれぞれ5割程度だったという。
 同社では、YouTube上でMOOC(ネットを使って無償で大学レベルの授業が受けられる大規模公開授業)を利用可能にするなど、世界中の人々が平等に教育を受けられるようにするためのさまざまな取り組みを実施しており、日本でも企業や大学に向けて啓蒙活動を続けている。
http://japan.cnet.com/marketers/news/35042487/

昨年から子供への英語教育や英会話、インターネットでのオンライン授業や講義などが増え始めていますね。

動画学習やネット予備校、ネット塾などに関しては、何度か記事にしていますので、ご存知の方も多いと思います。

無料で英会話を学習出来る4つの方法、TED、Yappr、英語耳ゲー、英会話ジム IAPが良いらしい

超有名大学の講義は無料でネット配信される時代、MITやハーバード大学などのedx(エデックス)に京都大学も参加

低価格ネット予備校が人気、リクルートの受験サプリや秀英iD、e点ネット塾など

小学生の英検受験20万人を突破、5級8割、準1級も300人が合格している。ディズニー英語システムに注目

【受験サプリ】充実の講義動画

確かに便利で低料金ですからね、今後もサービス拡充しそうな感じ。