矢沢心、咳で肋骨を2本骨折していた

矢沢心、せきで肋骨2本骨折「だいぶ良くなり痛み減少」
 タレントの矢沢心(32)が14日、せきで肋骨(ろっこつ)2本を骨折していたことを自身のブログで明らかにした。
 昨年6月、元格闘家の夫・魔裟斗との間に第1子となる長女を出産した矢沢は「ここ最近かなりかなり調子が悪くて 夜も娘を寝かしつけたらことっと寝てしまいしまい でも調子が悪くて熟睡出来ず、、の毎日を過ごしていました」と近況報告。「風邪が良くなった悪くなったり咳はずーっと続いていて お薬が効いてるのか謎だったり…んで実は。。咳で、、肋骨を二本疲労骨折してしまい」と明かした。
http://www.47news.jp/topics/entertainment/oricon/culture/138176.html

タレントの矢沢心さんが、咳で肋骨を2本も骨折していたそうです。
昨年長女となる女の子を出産している矢沢心さん、ここ最近ずっと体調が悪かった様子を明かしており、風邪のせいか咳が止まらなかったらしい。

ベビ待ちゴコロの支え方 [ 矢沢心 ]


医者に行ったところ、肋骨骨折が判明したそうです。
現在はコルセットを装着して、大分良くなったとコメントをしています。
骨粗しょう症なのかも知れませんが、クシャミや咳の弾みで骨折やギックリ腰になる話は良く聞きます。
体調管理には充分に気をつけて行きたいですね。