省エネ機器を子供や孫へ贈与すると緑の贈与制度で非課税に

以前、祖父母から孫への教育資金贈与で非課税になる制度がスタートしましたね。
活用している家庭も多いと思いますが、今度は子供や孫へ省エネ機器を購入贈与すると非課税となる緑の贈与制度なるものを政府が検討しているそうです。
対象となるのは、太陽光発電のほか、太陽熱・地中熱利用設備、高効率給湯器、燃料電池、蓄電池のちょっと高額な機器。
太陽光発電の比較・一括見積もりはコチラから
設置に100万円以上しますから、これは中々良いかもしれない。
EV車も対象に含んで欲しいなぁ。