認可保育所利用条件緩和、パートや夜間勤務、在宅勤務、自営業、求職中でも可能へ2015年度から

認可保育所、パートや求職中もOK 15年度から利用条件緩和
 政府は3日、割安で質の高い保育サービスが受けられる認可保育所の利用条件を2015年度から緩和すると決めた。パートタイムで働く人や職探し中の人も利用できるようになる。認可保育所の利用希望者は一段と増える公算で、政府は子育て支援の補助金を増やし、ビルの空きスペースを利用するミニ保育所などの整備も急ぐ。
 条件緩和は、17年度末までに待機児童をゼロにする安倍政権の目標に沿った子育て支援策の一環。3日開いた政府の子ども・子育て会議が了承した。
http://mw.nikkei.com/tb/#!/article/DGXNZO60603360U3A001C1EA1000/

認可保育所に入所するには、ある一定の条件をクリアする必要があるのはご存知ですね。
基本的にフルタイムで働いている親の家庭が対象となり、それに付随して年収も関係してきます。
そんな中、政府が2017年末までに待機児童0政策を打ち出し、その一環として認可保育所利用条件緩和を2015年度から開始する事になりました。
これまでのフルタイム勤務だけでなく、パートのほか、夜間勤務や在宅勤務、自営業などでも利用可能となります。
更に、起業準備中や、大学・職業訓練校に通学中でも可能。要は求職中でも可能となります。
待機児童数も徐々に減っている地域もありますが、そもそもの認可保育所が少ないと待機児童は増えてしまう。
その為、子育て支援補助金増額、空きスペースを利用するミニ保育所などの整備も行うそうです。