健康食品に医薬品効果低下する作用、ダイエット関連商品で顕著と厚生労働省が発表

健康食品の4割、薬の効き目低下招く 厚労省
 市販されている健康食品の約4割に、体内で薬や毒物の成分を分解、排出する「薬物代謝酵素」の働きを促す作用があり、医薬品の効き目を低下させるとの結果を厚生労働省研究班が21日までにまとめた。特にハーブやウコンの成分を含んだダイエット関連の商品は薬効低下が顕著という。
 研究班は2010~11年度、各地の薬局約100店舗を対象に健康食品の販売状況を調査。取り扱いがあった243品目のうち約200品目について、医薬品への影響をみるため順次実験を行い、12年度に結果を集計した。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2101O_R20C13A9CR8000/?dg=1

多分女性の誰もが一度は試した事があるであろうダイエット関連の健康食品。
そんな健康食品の4割には、医薬品の効果を低下させる作用がある事を厚生労働省が発表しています。
しかもダイエット食品関連では、その効果低下が顕著だったそうです。
どうやらハーブやウコン成分が医薬品の効果を低下させるらしい。
効果が弱まる医薬品の種類は、睡眠薬、降圧剤、抗うつ薬、免疫抑制剤などとなっています。
健康食品とクスリの飲み合わせには気をつけないとダメですね。