東京都が地震危険度ランキングを発表、荒川と隅田川沿いの建物倒壊危険度が高い

東京都が地震危険度ランキングを発表したそうです。
この調査は以下の項目にそって地域を測定しているとなっています。
 ●建物倒壊危険度 (建物倒壊の危険性) 
 ●火災危険度 (火災の発生による延焼の危険性) 
 ●総合危険度 (建物倒壊や延焼の危険性) 
 ●「災害時活動困難度」を考慮した危険度
 (災害時の避難や消火・救助等の活動のしやすさ(困難さ)を考慮した危険性)  
その結果、東京都23区は大体危険、特に荒川と隅田川沿いの危険度が高くなっています。
最も危険と判断されたレベル5地域は、足立区関原2~3丁目、荒川区荒川2~3、6丁目など84地域、総合危険度トップは荒川区町屋4丁目となっています。
ランク4は、品川区豊町1~2、4~6丁目、中野区大和町1~4丁目など284地域。
ランク3は、江戸川区北小岩2~7丁目など813地域。
ランク2は、渋谷区神宮前2~6丁目など1,634地域となっています。
自分が住んでいる地域の地震危険度は以下のページで確認できます。
■地震に関する地域危険度測定調査(第7回)(平成25年9月公表)
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/bosai/chousa_6/home.htm
マンションVS一戸建て 建物構造・耐久性・耐震性を比較
確かこの東東京周辺地域は津波被害や海面上昇でも水没する予定・・・
非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット
非常用持ち出し袋36点セット リュックタイプの防災セット