生活保護受給家庭で子供を学習塾に行かせる余裕がない、受験サプリなどネット予備校を検討しましょう

生活保護:どこ削れば…北海道に引き下げ撤回審査請求へ
 減額された5890円は1カ月のお米代にあたる金額だ。家計が苦しいことを子どもに知られたくないから、自分と母だけ食費や日用品代を切り詰めて生活してきた。だが最近、長女が経済事情を感じ取ってか、スーパーでお菓子やおもちゃをねだらなくなった。小学校高学年になったら学習塾に行かせたいが、その余裕はない。
http://mainichi.jp/select/news/20130915k0000e040128000c.html

生活保護費が減額され、生活保護受給家庭では経済的に苦しくなるそうです。
上記記事では小学生の子供を学習塾に通わせたいが、その余裕はないとなっています。
シングルマザーの生活保護需給家庭で、アルバイトを始めたが、やはり厳しい状況だそうです。
この方は、子供を学習塾に通わせたい理由をこの様に述べています。
貧困のため子どもに進学を遠慮させたくないが、進路の選択肢を狭めるのが一番心配。貧困を子どもに引き継いでしまうのではないか。
これは確かに貧困の連鎖などと良く言われており、出来れば子供の教育だけはシッカリしておきたいと考えているのは良いことだと思います。
通常の通い学習塾ではなく、以前紹介したネット予備校、ネット学習塾を検討して欲しい。
低価格ネット予備校が人気、リクルートの受験サプリや秀英iD、e点ネット塾など
これらネット学習塾・ネット予備校は料金が低価格であり、しかもシングルマザーであれば家で出来ますので、送り迎えも必要がない。
生活保護家庭でなくても、これら低価格のネット学習塾・予備校を利用する方は多いですよ。国公立を狙いましょう。
是非、参考にして欲しいです。