小規模保育認可基準、保育士資格人数を半数以上に緩和

「小規模保育」保育士半数以上で認可
 政府は29日、子ども・子育て会議の基準検討部会を開き、平成26年度から始まる「小規模保育」の認可基準をまとめた。認可保育所(園児の定員20人以上)では全職員に必要とされる保育士資格について、小規模保育(6~19人)では「半数以上」に緩和して参入を促していく。認可されると運営費の一部が公費で補助される。都市部に多い待機児童の解消につなげる狙いだが、保育の質の確保が課題となりそうだ。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130830/trd13083009440006-n1.htm

平成26年度から開始となる小規模保育ですが、その認可基準が子ども・子育て会議の基準検討部会でまとめられたそうです。
認可保育所では全職員に対し保育士資格が必要ですが、小規模保育では半数以上に緩和するとの事です。
追加基準によると、0歳児は3人に対し職員1人、1、2歳児は6人に対し職員1人。
0歳児6人、1、2歳児6人の小規模保育なら、職員は3人に追加配置の1人を加えて計4人。
その内、半数以上である2人以上が保育士資格を持つ必要がある計算となります。
保育士資格のない職員は、一定の研修を受ける必要があるとなっています。
保育士、幼稚園教諭の求人情報を見る
認可保育所に入所させたい理由として保育士の質も良く聞きますよね。
こういった保育所の増やし方はどうなのでしょう・・・何か違う気もしますが待機児童を解消する手段となるか注目です。