手足口病が全国的に流行、乳幼児の感染も多く予防策など注意喚起

乳幼児の手足口病、13万人超 過去10年で2番目
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0603O_W3A800C1CR8000/

最近になって良く聞くようになった手足口病ですが、ご存知でしょうか。

名前の通り手足や口などに水泡や発疹が出来る症状で、時に発熱したりします。

当初は西日本を中心として感染が流行しましたが、最近では関東でも多くなっており、北海道などでも確認される全国的に蔓延しています。

予防策としては、手洗いと、うがいが最も効果的となっていますので、しっかりと行った方が良いでしょう。

大抵1週間程度で治り、免疫もつくのですが、また新しいウイルスに感染してしまうので、これら予防策を守ることで、感染確率を下げていきたいですね。

特に口の中に出来てしまった場合、食事が摂りにくくなり脱水が心配されており、ゼリーなど食事にも工夫をして欲しいとあります。

喉や舌の先に口内炎が出来る感じでしょうか。

乳幼児でもこの手足口病が過去2番目の多さになっていますので、気をつけてくださいね。

お母さんに伝えたい子どもの病気ホームケアガイド
お母さんに伝えたい子どもの病気ホームケアガイド