埼玉県坂戸市千代田公園での刃物男は子供の嘘である可能性、携帯電話カメラで無断撮影しトラブルが原因

練馬区で児童切りつけ男が逮捕されましたが、その直後に埼玉県坂戸市千代田公園で同様の事件が発生したとニュースがありました。
子供の証言では、男が光るものを押し付け、気の棒を振り回したと述べています。
それによって埼玉県坂戸市周辺が緊迫した状況となりましたが、どうもおかしい…と色々考えていました。
そして、警察の事情聴取で子供についた跡は、刃物による物ではなくミミズ腫れ。木の棒を擦り付けた様な感じと判明。
更に事件の前に、その子供達は公園で寝ていた男性に対し、無断で携帯電話カメラで撮影したと証言が出ています。
当然男性は嫌がりヤメロとトラブルになっていたそうです。
子供達が勝手に撮影し逃亡、再度公園に戻ったところ男性が怒ったと言うのが原因。
警察も悪質な通り魔事件ではないと判断しています。
こうなると、その木の棒の傷も自分で付けたのでは?と疑ってしまう。
この様な子供の嘘は非常に悪質であり、携帯電話の扱いは親がシッカリと教育しましょう。そうでなければ、やはり前回記事の様に親の監督義務違反となる可能性があります。
TwitterやFacebook、LINEなどに写真をアップロードして、他人を晒して乏す…酷いですね。
あまり続くと、狼少年みたくなってしまいますよ…狼少年自体知らないかも…