中国人妊婦がアメリカ入国を断られ標的をサイパンに変更する

ちょっと前に、中国人の妊婦がアメリカ国籍取得の為に入国し出産するツアーがある事を書きましたね。
アメリカ国籍求め中国人妊婦大挙して押し寄せるツアー、妊婦ホテルも出現、日本では偽装結婚

アメリカ国籍求め中国人妊婦大挙して押し寄せるツアー、妊婦ホテルも出現、日本では偽装結婚


摘発もされていますが、追い付いて居ないのが現状でしたが、やはり大問題に発展している様子。
その為、アメリカ側は中国人妊婦の入国を拒否している様です。
中国人妊婦4人、米国への入国拒否される、当局は「妊娠が原因ではない」と否定―米華字紙
http://topics.jp.msn.com/world/china/article.aspx?articleid=1924590
アメリカ入国にはCBPと呼ばれる米国土安全保障省税関・国境警備局が管理しているそうです。
CBPジェレミー・クルス報道官が言うには、外国人妊婦の入国拒否をする法律も規定もない…が、入国させるか否かはCBP職員にあると述べています。
中国人妊婦が入国拒否されたのは、入国の目的や滞在費用の保障、滞在場所などに関する係官の質問に答えられなかった可能性が高いと説明。
そりゃ、国籍取得で出産する為だけに来ましたなんて言えないですし、滞在場所を言ったら一斉摘発されますからね…
と言う事で中国人妊婦の次なる標的はサイパン。
サイパンもアメリカ国籍取得できるらしく、まだ入国審査が甘いそうです…なんでしょうかね…この人達は。