子供をコミュニケーション障害にする親、しない親の特徴

ネットでは良くコミュ障などと略されるコミュニケーション障害ですが、最近そういったコミュニケーション障害の若者が増えているそうです。
学生ならイジメの対象となり、社会人ならばリストラの対象となる危険性がありますね。
そういったコミュニケーション障害になる子供ですが、その一因は親にもあるそうです。
子どもを「コミュ障」にするダメ親の会話パターン3個
http://wooris.jp/archives/21966
悪口禁止も危険?子どもを「コミュ障」にする親の行動2個
http://wooris.jp/archives/21972
子どものコミュニケーション障害
上記では子供をコミュニケーション障害にしない為の、親の行動が挙げられています。
それによると、親がダメなパターンは
■子どもの話をさえぎってしまう
「忙しいから後にして」「そんなことより勉強しなさい」「ちょっと何言ってんのかわかんない」
親から話すのを制止された子供は、「何を話しても無駄だ」と思いこんで、あまり話さない子供になる可能性がある。
■子どもの意見を全否定する
「バカなこと言わないで」「そんなことありえない」ではなく、「あなたの意見はそうなのね。でも、それだとこういう困ったことがあるんじゃないかな?」「それももっともだけれど、こう考える人もいると思うよ」と自分で考えさせる。
■親が人の話を聞かない
夫または妻が一方的に話すのを相手がいいかげんに聞き流している。あるいは、夫婦でほとんど口を利かない。こんな家庭で、子どものコミュニケーション能力が育つわけがありません。
■子どもの悪口をさえぎってしまう
悪口を言いかけたのに対し「そんなことを言ってはいけません」ではなく、「なんで友達はそんなこと言ったのかな?」「先生にはこういう事情があったんじゃないかな?」とまずは子供の言い分に耳を傾ける。
■子どもの自慢をさえぎる
「自慢話はやめなさい」ではなく、「何回、発表した?」「試合に勝ったの?」など答えやすい質問形式で自慢させる。“自慢話をする”ことと人格とは全く別問題。
「僕は足が速いけれど、友達の●●君はノロマだ」他人を蔑むような発言では、足が速いのは褒めたうえで、「友達をバカにするような言い方をするのはよくない」と言うと良いらしい。
コミュ障は治らなくても大丈夫 コミックエッセイでわかるマイナスからの会話力 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
コミュ障は治らなくても大丈夫 コミックエッセイでわかるマイナスからの会話力 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
うるさい!黙れ!
親の都合で子供の話を聞かない事が多いと、後々子供がコミュニケーション障害になる可能性が高いようですね。
単なるぐずっている場合ではなく、あくまでも子供との会話での話ですので注意しましょう。
ただこれらは結構皆さん気をつけていますし、大丈夫な気がします。
最も多いのが夫婦間のコミュニケーション問題を見られている場合ですね…これは…どうしましょうか?