赤ちゃんの人見知りの原因は心の葛藤、興味があるけど怖いを相手の目で判断

赤ちゃんの人見知りの理由や原因は、これまで解明されていませんでしたが、東大や京大などとJSTによる共同研究によって、色々と分かってきた様子。
研究発表によると、赤ちゃんの人見知りの理由や原因は、心の葛藤である相反する意識によるものとなっています。
興味があるのだけれども…怖くて近寄れないブピー…となってしまうらしい。
母親以外の大人が近寄ると、逃げてママにしがみ付きますよね。でも、こっちをジーーーー。
相手の目を見て怖い、けど気になる、怖い、けど気になると葛藤しているらしい。
慣れてくると怖いがなくなり、人見知りも解消されるとの事です。
なるほど、ジーーーーがあれば興味を持っている事となり、全く見ないのであれば、恐怖心が強く、人見知りも激しいとなります。
正面から相手の目を見ていれば人見知りが弱く、相手が顔を逸らした時に赤ちゃんが見ていれば人見知りが強いとなります。観察されていますねぇ。
この人見知りが出る時期も、これまでは8ヶ月とされていましたが誤りで、個人差がある事が分かっています。
私も良く他人の子供にプイッされますが、ママと仲良くしていると安心するのか、すぐ懐く。