ダウン症血液検査の出生前診断、開始から1ヶ月で441人受信、高齢妊娠が理由

新出生前診断、1カ月で441人受診 15施設、高齢妊娠が理由の大半
 妊婦の血液でダウン症など胎児の染色体異常を調べる新しい出生前診断を受けた人が4月の開始から1カ月で441人に上ったことが、昭和大病院(東京)などの臨床研究チームの集計で9日分かった。受診理由が判明した人の中では、出産時35歳以上となる高齢妊娠が大半を占めた。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130510/bdy13051008010000-n1.htm

4月からダウン症を血液検査で調べる新しい出生前診断が開始されました。
1ヶ月で441人が受診しており、高齢出産となる35歳以上の方が、高齢妊娠を理由に受診するケースが大半を占めているそうです。
開始当初は、年1000人程度を見込んでいましたが、1ヶ月で約半分と予想以上に検査を受ける方が多いと言う結果となりました。
妊娠が高齢になる程、ダウン症などが多くなると言う結果がある以上、今後も晩婚化が進むと受診者が増えそうですね。
検査結果が出たのは257人、異常ありの陽性診断9人(3.5%)。その内ダウン症の21トリソミーは6人(2.3%)だったそうです。
この出生前診断が受けられる病院・施設は、日本医学会が認定しています。
4月30日時点では以下の通り。
北海道 北海道大学病院
北海道 札幌医科大学附属病院
岩手県 岩手医科大学附属病院
宮城県 宮城県立こども病院
埼玉県 埼玉医科大学病院
東京都 独立行政法人 国立成育医療研究センター
東京都 昭和大学病院
東京都 東京女子医科大学
神奈川県 横浜市立大学附属病院
新潟県 新潟大学医歯学総合病院総合周産期母子医療センター
愛知県 名古屋市立大学病院
愛知県 藤田保健衛生大学病院
大阪府 大阪市立総合医療センター
大阪府 大阪大学医学部附属病院
兵庫県 神戸大学医学部附属病院
兵庫県 兵庫医科大学病院
徳島県 徳島大学病院
愛媛県 愛媛大学医学部附属病院周産母子センター
福岡県 独立行政法人 国立病院機構 九州医療センター
福岡県 福岡大学病院
長崎県 長崎大学病院
知っていますか?出生前診断一問一答
今後増加するに連れ、受診出来る病院・施設が追加されるかもしれません。