アメリカで生まれた子供はアレルギーを発症しやすいとアメリカが発表

アメリカでも生まれた子供はアレルギーを発症しやすい事を、アメリカの研究チームが発表しました。
最も多いのが花粉症と湿疹となっており、喘息や食品アレルギーも報告されているとの事。
米国内で生まれた子供のアレルギー疾患率34.5%、米国外で生まれた子供のアレルギー疾患率20.3%と結構違いがありますね。
たとえ米国外で生まれても、米国内で暮らす環境が10年以上の長期間に及ぶとアレルギー症状を発症する確率が高まるそうです。
しかし、なぜアレルギー症状を発症してしまうのかには言及していない様子。
とは言えアメリカへの移住計画ならびに出産計画や留学計画がある方は注意したいですね。
日本でも増えてますけどね…
アレルギー症状の子供に野菜宅配のセット
宅配野菜のらでぃっしゅぼーや
大地を守る会
生協パルシステム
生協の宅配「コープデリ」・「おうちコープ」
安心食材の宅配ならOisix