子供に言ってはいけない10個の言葉と代替言葉

子どもに使ってはいけない10の言葉(と代わりに使うべき言葉)
最近の研究により、子どもに対して話すときによく使われている一見とても建設的な言葉のいくつかが、実は極めて有害だとわかりました。良かれと思って口にしているのに、子どもたちはそうした言葉によって内面的な価値基準を信頼できなくなり、人を欺くようになり、できる限り楽をして難しいことには挑戦しなくなるようしつけけられてしまうのだそうです。
http://www.lifehacker.jp/a/2013/04/130427ten_things.html

子供を脅したり、暴言を吐いたりしていませんか?

言う事を聞かないと、ついつい衝動的に怒ってしまいがちですが、最近の研究では子供に言ってはいけない言葉が幾つかあるそうです。

子供に言ってはいけない言葉

良く出来たね

そう言われた時だけ良くやったと子供が勘違いする。頑張ったんだねが良い。

良い子ね

上記同様、言われた時だけになり、自発的行動が失われる。お手伝いしてくれるから嬉しいなが良い。

絵が上手ね

親が評価する事により、自分で作品を判断できなくなる。赤と黄色の色を使ってるね、何を描いたか教えてくれる?が良い。

いい加減にやめないと○○だよ

脅しや脅迫をする子供に育つ。弟を叩いてはいけません。怪我したら大変でしょ。仕返しされて今度はあなたが叩かれるかもしれないし。何かを叩きたくなったら、枕とかソファーとかベッドなら叩いてもいいよ。が良い。

もし○○したら、○○をあげる

物で釣るのは有害。何かあげないと何もしなくなるワガママに育つ。片付けの手伝いをしてくれてありがとうが良い。

お利口さんね

期待に応えたいと言うプレッシャーを受ける。うわぁ凄く頑張ったねが良い。

泣かないで

感情を表に出さない子供に育つ。泣いてもいいんだよ。いつでも話を聞いてあげるからねが良い。

○○するって約束してあげる

親に裏切られると子供が捻くれて育つ。約束に対しベストを尽くし、絶対とは言えないけど頑張る事を伝えるのが良い。

大したことじゃないでしょ

そうしたいのは分かるが、今は無理。ガッカリすると思うけど、ダメなんだよねが良い。

何でそんなことしたの?

自己防衛的な子供に育つ。お友達があなたの話を聞かないから機嫌が悪いの?など説明や話をするのが良い。

子供とのコミュニケーションが大事

上記10個が挙げられておりますが、これを守っている母親はいるのでしょうかね。かなり難しい。

確かに言いたい事は分かりますが、言ってしまったら、あとで子供と話し合う事で改善はできそうな感じ。

しかも、子供は母親や父親だけと話すわけでなく、親戚や近所の方、先生など色々な大人と話します。

子供が寝る前によく話し合ってコミュニケーションを多くとる方が、良いかもしれませんね。

子どもに言ってはいけない55の言葉 : ママが必ず知っておきたい! (マミーズブック)
子どもに言ってはいけない55の言葉 : ママが必ず知っておきたい! (マミーズブック)