金町浄水場に高度浄水処理施設が完成、水道水が美味しい水に

「おいしい水」100% 金町浄水場に施設完成
 金町浄水場(葛飾区)で24日、オゾン処理と微生物による分解でカビ臭やカルキ臭の原因物質を除去する「高度浄水処理施設」が完成し、猪瀬知事らが出席して記念式典が行われた。
 同浄水場は江戸川から取水し、23区東部の約250万人に水道水を供給。施設の完成で、これまで約35%だった高度浄水処理率は100%となった。猪瀬知事は同浄水場で処理されたばかりの水道水を飲み、「おいしい」と絶賛。「ぜひ水道水を蛇口から飲んでほしい。日本が世界に誇るべき技術だ」と話した。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyo23/news/20130425-OYT8T00094.htm

東京都の葛飾区にある金町浄水場で、高度浄水処理施設が完成し、記念式典が行われたそうです。
以前から江戸川区流域の汚染などがあり、水道水が臭い・不味いなどと言われており、東京都が25年かけて作ったのが、この高度浄水処理施設。
オゾンによって臭いの元を取り除き、生物活性炭で濾過。これによってカビ臭さやカルキ臭は100パーセント除去できるらしい。
金町浄水場だけでなく、三郷や朝霧など他の浄水場でも工事をしており、10月には東京都23区ほぼ全域と、多摩東部で美味しい水道水が飲める様になる予定。
でも、いくら浄水場を強化しても、配水管や貯水タンクなどを通るとやはり微妙かもしれない。
水道の蛇口に一番近い部分をどうにかして欲しいところ。
安心安全な天然水を大分・日田からお届けします