兄弟喧嘩を無くすには?

複数の子供が居る家庭では、どうしても兄弟喧嘩が頻繁に起こりますよね。
大抵がくだらない理由で喧嘩し始めるのですが、どうすれば無くす事ができるのでしょうか。
こどもコンサルタントの原坂一郎さんが答えています。
それによると、兄弟・姉妹はどちらかが我慢や不自由が生じてしまい、それがストレスとなって兄弟喧嘩に発展するそうです。普段の親の行動も表れる様で、直ぐ怒る親、手を上げる親だったりすると上の子が真似をし始めて下の子にも拡散するらしい。
と言う事で、親がいつもニコやかに笑っていれば、子供たちも大らかに育つとしています。
兄弟喧嘩が起こった時は、両方の言い分を聞いた上で、どっちも悪いではなく、どちらも悪くないと諭す。
上の子供には「お兄(姉)ちゃんなのに…」、下の子には「それくらいで泣くな」とは叱らない方が良いとあります。
兄弟喧嘩が絶えない家庭は試してみると良いでしょう。
しかし、子供の頃に多く兄弟喧嘩しても、いつの間にか仲良く育つのが不思議、やはり家族ですね。