吉本新喜劇の島田珠代が離婚でバツ2、長女の親権も父親へ

島田珠代2度目の離婚「円満に話し合い、後悔ない」親権は父親側
 吉本新喜劇の島田珠代(42)が2度目の離婚をしたことが分かった。22日、所属のよしもとクリエイティブ・エージェンシーがファクスで発表した。
 島田は2007年8月、名古屋・CBCテレビの制作スタッフと再婚。08年6月に女児を出産した。書面によると、離婚の時期は3月の初め。長女のことを最優先に考え、親権は父親側が持つことになった。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/04/22/kiji/K20130422005663040.html

吉本新喜劇に出演している島田珠代さんが、2度目の離婚となった事が分かった様です。
2008年に生まれた子供長女の親権は父親が持つ事を話し合いの末決めたそうです。
島田珠代さんは、1998年に吉本興業社員と結婚、2005年に離婚。2007年にCBCテレビ制作スタッフと再婚、2008年に長女を出産。
親権を父親が持つと言うのは珍しいですが、どうしちゃったのでしょうかね。
多忙による気持ちのすれ違いが離婚理由との事ですが、子供ともすれ違ってしまった感じ。
大抵父親が親権を主張して裁判でダメとなるケースとなるのですが…やはり珍しいですね。
今までなかった!離婚理由や子供の数までわかる結婚情報サイト「再婚.JP」
離婚しちゃったら子連れ再婚も参加できる婚活パーティーを探そう
再婚に関しての婚活パーティーも増えていますが、島田珠代さんの場合は単なるバツ2で子連れではないですね・・・