神戸に小児がん治療専門施設チャイルド・ケモ・ハウスが完成、診療所を併設し家族も一緒に子供と住む事が可能

家族も同居、小児がん治療=診療所併設、初の施設完成-神戸
小児がんの子どもと家族が一緒に生活しながら治療を受けられる全国初の施設「チャイルド・ケモ・ハウス」が29日、神戸市中央区に完成した。小児がんで子どもを亡くした遺族や医師らが約8年かけて構想。5月にも併設の診療所で外来診療を始め、患者の入居に向けて環境を整える。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201303/2013032900679

神戸に小児がん治療の専門治療を行う施設チャイルド・ケモ・ハウスが完成した様です。
これまで小児がん治療では、長期入院を余儀無くされた子供に親など家族が会う機会が限られていました。
今回完成した施設では、家族が同居することが可能となっており、診療所を併設しています。
これによって不安が大きい子供に良い影響を与えることが出来る期待が高まりますね。
チャイルド・ケモ・ハウスへ寄付するには
運営はNPO法人チャイルド・ケモ・ハウスが行い、運営費は一般からの寄付で賄われる。
建設費用7億円は日本歯科医師会などからの寄付が当てられるとの事。
居室部分の賃貸料金は免除するとなっています。