子供達に人気のカラーコンタクトレンズによる失明リスク

高校生や大学生、中には中学生でも着けているカラーコンタクトレンズ。

瞳の色を変えたり、黒目を大きく見せたりと、要は可愛く見せる事が出来ると人気ですが、カラコンによる眼疾患などトラブルになるケースが後を絶ちません。

カラコンは高度管理医療機器として薬事法の適用対象となり規制され、販売業者は各知事の許可を得なければならず、管理者を店舗に置き、更に危険性などの注意をする義務があります。

しかしネット通販では安易に購入出来ることから、購入者も気軽に考えてしまうらしい。

日本で販売されているのはソフトレンズで、材質も粗悪な物が多いとなっており、それらは酸素透過性が低く、様々な視力障害を引き起こす原因となっています。

酷いと失明の可能性もあるそうなので、娘さんがカラコンを使用する前に眼科で受診する事を勧めています。

カラーコンタクト人気ランキングを見る